祖父、紳士助っ人君に遠慮反動を示す

日々お手伝いさんに来てもらい、祖先のひげ剃りやらおむつ替えやらのクリーニングを通してもらっています。祖先が今どき、メンズお手伝いさんが来ることに違和感を示すようになりました。

なんでもメンズお手伝いさんはこぶしなどを掴む思いの丈が著しいのがお断りみたい。祖先は痩せ型ではあるものの、身長が大きい結果身体の退職が大変です。そのためケアする側には思いの丈が必要なのですが、祖先はどっかをきつくつかまれるってあざができ易い通例。

メンズお手伝いは思いの丈が著しい結果、ベッドで身構えを正すのにこぶしを掴むとあざができることがあります。祖先ももう一度かなりの高齢ですし、血管の脆さゆえあざができるのはやむを得ません。

但し祖先は「男は思いの丈が強すぎるからあざができる。淑女だけに済ませろ」と毎日のように言います。年々来て下さるお手伝いさんには何名か女性もいらっしゃいますが、女房お手伝いさんは先ず困難機嫌をされているでしょうね。

ショートステイでは基本的にメンズ介護士さんが祖先に付きっきりでサポートして下さいます。車いすからベッドの退職もメンズ介護士さんがやって頂けるのですが、それに関しても家に帰ってから文句を言います。

祖先としては進め方が情けないのは御存知しています。ただし現実的に見れば、祖先の退職はメンズスタッフでないと無茶があります。ALTの値を下げるには、どうすればいい?