好きなトーンは、どうしても、自分に満足をもたらせてくれるようだ

好きな色彩は、ぼくに運を、いよいよ、もたらせてくれるようなのです。ぼくは、ぼくをさんざっぱら可哀想に思っています。きのうから、その心地が、不本意ながら、強くなってしまいました。
そうして、今朝は、目的の駅舎で、列車から降りまして、プロセスを降りまして、近くのコンビニエンスストアへ行きました。はなはだきれいな店舗でした。なので、前から、何だか、読みたかった書籍がありました。色彩は、桃色でした。そうして、以前は、確かに、ビニールの袋入りになっていたというのですが、今日は、うれしいことに、1冊だけ、袋に入っていないものがありました。
ぼくは、ゲンコツに取りまして、パラパラといった、ウェブサイトを捲りました。運を集めると言いました特集でした。私の好きな概念だ。こういう、息苦しい世の中で、私だけではなくて、皆さんが、好きな概念かもしれません。
その書籍の中に、積荷が多いと、幸運が落ちるですとか、欲深、望み過ぎは、いけないイベントのように、書いてありました。
近頃のぼくには、当たっていたのかもしれません。知らない間に、望み過ぎになっていたのかもしれません。欲深になっていたのかもしれません。仮に、そうとしますと、危ういことです。生涯、日本晴れのお天道様ばかりでは、やり切れないながら、ないのです。
ぼくは、好きなラベンダー色彩のハンドクリームを、塗りました。黒ずんだワキを綺麗な状態に戻すには、どうすればいいの?