体臭は人によってニオイが違う。女性は体臭にナーバスです!

体臭はお客に違和感を与えます。たとえばお風呂に入らないお客がいたら、誠に臭くて不愉快ですよね。退化臭が恐ろしいおじさんお客と同じ客席でランチタイムを取るのも不愉快ですよね。
このニオイを通じて他人に不快心情させることを「スメルハラスメント」と言います。要するにニオイでの意地悪ですね。

私のおとうさんはもう還暦を迎えているのですが、ずいぶん退化臭が凄いです。とりわけヒドいのは「便所から出た次」という「銭湯から出た次」だ。

おとうさんの後に便所に入るってニオイが凄いです。なので、俺は事態を足す前に消臭剤で便所の中間をシューとやります。そうじゃないと、事態を増やしてる間に吐きみたいになってしまうからだ。

おとうさんの後のお風呂も凄いです。俺は部門系におとうさんの次にお風呂を使う事が多いのですが、最近は冬季でどうしても寒い。それでおとうさんは窓を開けないで湯船から出てくるのです。排ガスをしないで生じるので、おとうさんの体臭が湯船の中にこもった状態で俺がお風呂に入ることになるのです。

なので、風呂に入るときは寒くても、最初に窓を開けて排ガスをします。そうしてニオイが徹底無くなったら、窓をしめて体調を洗い始めます。

おとうさんも好きで退化臭を醸し出してないのは分かりますが、やはりオヤジのダディーの体臭(退化臭)はパンチがあります。シミに効くというアスコルビン酸には、どんな効能があるのでしょうか?