たまにしか飲まないのと毎晩呑むの、どっちが難儀が著しいの?

お酒がすっごく好物で、常々飲んでいるとしてはないんだけど、カテゴリーに数回、出先に飲みに立ち寄ることがあるかな?

なのでちょこっと気になったのが、お酒を飲んだときの肝臓にかかる苦悩の仕打ち。

少しの量でも常々ますます呑みつつけているのと、たまにしか飲まないけどお酒の容積が多いの。

どっちの方がますます肝臓に負担がかかるのかなぁって。

無論その人を通じて違いはあるというけど、どうしても毎日の積み増しって著しいような感じがしませんか?

こういうのってどういう風に調べることが行えるんだろう。

普通に生活をしてたら探ることって出来ないのかな。

病院でヘルシー検査を受けることもあるけど、そういえば肝臓とかって本当に調べたことがないかも。

いかなる検査があって、費用がどのくらい要るのか、少し調べてみようかな。

それでも思考によっては、ラフファッション飲まない分け前、時々飲んだときのほうが苦悩が大きそうなきも・・・

どっちにしろお酒の呑みすぎは良くないと想うから、適量が一番かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です